長野市民病院

ページのトップへ

リハビリテーション科physiatry

リハビリテーション科について

専門スタッフが医学的リハビリテーションチームを形成、早期に患者さんと関わってまいります

リハビリテーション科では理学療法・作業療法・言語聴覚療法部門において、それぞれの特色・専門性を活かし、脳血管・運動器・呼吸器・心大血管・がん・廃用症候群のリハビリテーションを実施しています。

基本方針

リハビリテーション科では術前術後または発症後早期からICU・HCU・SCU・ECU、CCU、一般病棟でベッドサイドよりリハビリテーションを開始しています。それにより廃用症候群などの二次的合併症を予防し、早期離床・早期社会復帰をすすめています。また、急性期後、病状が安定した患者さんの在宅復帰に向けた支援や、廃用症候群に対するリハビリテーションも積極的に行っています。
リハビリテーション開始時はリハビリテーション総合実施計画書を作成し、状態や目標の共有に努めています。他院との連携では、転院時は脳卒中地域連携パス・大腿骨頚部・転子部骨折地域連携パスの導入や、診療情報提供書を作成することで、リハビリテーションの経過・内容などの情報提供を行っています。退院に際しては、必要に応じて患者さんの自宅を訪問する住宅環境調査を実施し、患者さんに必要な住宅改修や福祉用具のプランを提供します。また、必要に応じて外来でフォローアップしていきます。