長野市民病院

ページのトップへ

主な疾患と診療内容―心臓血管外科Cardiovascular Surgery

主な疾患と診療内容

心臓血管外科は心臓と血管(動脈と静脈)の病気の外科治療を行う診療科です。

主にこのような方を診ています

  • 動悸
  • 息切れ
  • 胸痛
  • 背部痛
  • 足のむくみ
  • 足の痛み

  • ※循環器内科と併診する場合があります

心臓血管外科では心臓、動脈、静脈の疾患の外科治療を中心に診療しています。心臓の病気には心臓を栄養する冠動脈が狭くなる狭心症や心臓の各部屋の逆流を防いでいる弁に異常を来たす弁膜症があります。いずれも初期の段階では症状はほとんどなく、検診で見つかることも多い病気です。病気が進行して動悸、息切れ、胸痛などを感じた時には速やかに医療機関へ受診することが大切で、早期の治療が必要になる場合があります。
また、大動脈は心臓から出た血液を全身に送る役割をしています。動脈硬化などにより血管が瘤(こぶ)のように大きくなる、あるいは逆に内腔を細く(狭窄)させることもあります。そういった場合は症状の有無に関わらず、治療を行う場合もあります。さらに、大動脈の壁が縦に裂ける大動脈解離という病気では緊急手術が必要となる場合もあります。
当科の特徴としては常に循環器内科と蜜な連携をとり、外科治療あるいは内科的治療の双方のメリットとデメリットを考慮し治療にあたっています。