長野市民病院

ページのトップへ

主な疾患と診療内容―脳血管内治療科Department of cerebral endovascular treatment

主な疾患と診療内容

脳や頸(くび)の血管の病気に対してカテーテルを使って治療を行っています。

主にこのような方を診ています

  • 頭痛
  • 手足が動きづらい
  • 言語障害
  • 物が二重に見える
  • (脈を打つような)耳鳴り
  • 体のふらつき
頭部に傷を作らず負担の少ない手術

脳血管内治療は、手首や足の付け根の血管からカテーテルと呼ばれる細いチューブを脳や頚部の病変部へと到達させて治療を行います。
体に傷を創ることはなく、痛みもありませんので、患者さんの体への負担が少ないのが特徴です。
2017年からは原則として手首からカテーテルを通して治療を行っており、術後の安静時間が短くすみます。

対象となる疾患

脳の動脈に瘤(コブ)ができる脳動脈瘤、動脈硬化で首の血管が細くなる頸動脈狭窄症、脳の太い血管が詰まって起こる急性期脳梗塞、脳の動脈と静脈に異常が起きて生じる脳動静脈奇形や硬膜動静脈瘻(こうまくどうじょうみゃくろう)などに対して治療を行っています。
脳動脈瘤に対するコイル塞栓術を多く治療しており、他院で治療が難しいとされた脳動脈瘤に対してもステントという金属の筒を使うことで、良好な成績が得られています。

脳卒中治療は時間との勝負!

脳の太い血管が血栓によって詰まる脳梗塞は、1分でも早く血栓を取り除き再開通させることで後遺症を無くす(軽くする)ことができるため、病院全体で時間短縮に取り組んでいます。
また、術後は脳卒中の専門病棟である脳卒中ケアユニット(SCU)で集中治療を行い、早期から専任の療法士によりリハビリを行っています。
その結果、3か月後には約半数の患者さんが自宅で自立した生活が送れるようになっています。
治療は、脳血管内治療専門医、脳卒中専門医が行い、血管内治療の実績も豊富です。

治療方法について

症状別の治療方法の図表

脳ドック・治療相談

脳の病気の治療相談も行っています!

脳ドックや他の病院で脳動脈瘤や頸動脈狭窄症などが見つかり、外科的な治療を勧められた患者さんへの治療相談も行っています。
傷を創らずに治療することができる場合がありますので、ご本人やご家族でお悩みの方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ先
※脳神経外科への受診の相談とお申し付け下さい

予約センター TEL:026-295-1149(予約専用電話)
月〜金 13:00-16:00(祝日、国民の休日、年末年始〔12/29〜1/3〕を除く)