長野市民病院

ページのトップへ

放射線診断科Department of Radiology

放射線診断科について

外からはわからない体内の様子を画像にして、範囲や進行具合などを確認

放射線診断科は、直接外来や病棟での診療に携わる機会が少ないため、一般にはあまり馴染みがない診療科だと思います。
当科は、院内で行われている様々な画像検査の診断と、IVR(インターベンショナルラディオロジー・画像下治療)を担当する診療科です。
画像診断業務ではX線CTやMRI、RI検査に読影レポートを作成することで、病気の診断に関わっています。
IVRは、血管撮影装置やCT、超音波装置を利用して、からだの表面から針とカテーテルを用いて行う様々な低侵襲治療です。腫瘍の治療や組織採取、出血や膿瘍の治療など様々な手技を行います。

放射線診断科部長 今井 迅