長野市民病院

ページのトップへ

救急科Emergency department

救急科について

「24時間、365日、救急を断らない」をモットーに診療を行う、地域の救急医療拠点

救急の患者さんに対する、初期診断と治療を行う診療科です。
「365日、24時間、救急を断らない」をモットーに診療を行っており、北信地域の救急医療拠点としての機能を果たしています。当科では生命に危険がある状態かどうか短時間で判断しつつ、診断と治療を同時進行で行います。中でも多部位に及ぶ外傷や、破傷風などの特殊感染症、急性中毒などは当科が専門となります。また、心肺停止状態で搬送されてくる方の心肺蘇生や、蘇生後の集中治療も行っています。

2019年2月1日
救急科部長 坂口治