長野市民病院

ページのトップへ

主な疾患と診療内容―救急科Emergency department

主な疾患と診療内容

主にこのような方を診ています

  • 救急初期診療
  • 多発外傷の全身管理
  • 薬物中毒、一酸化炭素中毒
  • アナフィラキシー
  • 熱中症、低体温症
  • 心停止蘇生後集中治療管理

救急科専門医とは、「病気、けが、やけどや中毒などによる急病の方を診療科に関係なく診療し、特に重症な場合に救命救急処置、集中治療を行うことを専門とします。病気やけがの種類、治療の経過に応じて、適切な診療科と連携して診療にあたります。更に、救急医療の知識と技能を生かし、救急医療制度、メディカルコントロール体制や災害医療に指導的立場を発揮します。」と言われており様々な役割を担っています。
当院では、数少ない救急科スタッフで初期診療を行い各科へつなぎ、必要な場合には多発外傷の全身管理、蘇生後集中治療管理などを担当しています。

災害医療・病院前医療について

その他に救急科医師が関わっているものとして、災害医療・病院前医療があります。
災害に関しては、当院は地域災害拠点病院に指定されており災害派遣医療チーム(DMAT)を組織していますが、有事に備え日々の訓練などに参加しています。
病院前医療に関しては、救急搬送症例の検討会や、院内で研修する救急隊との情報共有等で病院前・搬送後の救急医療の質向上に努めています。