長野市民病院

ページのトップへ

主な疾患と診療内容―消化器内科Gastroenterology

主な疾患と診療内容

消化器内科とは消化管(食道・胃・大腸)や肝臓・胆道・膵臓などの病気を扱う診療科です。

主にこのような方を診ています

  • 食道つかえ感
  • 胸やけ
  • 嘔気
  • 嘔吐
  • 腹痛
  • 下痢
  • 便秘
  • 吐血
  • 下血
  • 血便
  • 食欲不振
  • 体重減少
  • 貧血
  • 黄疸
  • 肝障害
  • 胃検診異常
  • 便潜血陽性
  • 肝炎
  • 胆石
  • 膵のう胞
  • ピロリ除菌
  • 大腸ポリープ
  • ・消化器系のがんは一番多く、がん以外の病気もたくさんあります。症状がよくならない場合、診断がはっきりしない場合、がんが疑われた場合などぜひ受診ください。
  • ・当院では緊急患者さん以外は原則、紹介予約制としています。紹介医からの情報は、効率よく診断・治療を行う上で不可欠になります。当院は診療所の先生方と親密な連携をとっていますのでご安心ください。
  • ・当院では消化器および消化器内視鏡を専門にした医師が診療にあたります。常に患者さんに一番いい医療を提供できるよう心がけています。
  • ・診断後は、薬や注射による内科治療、早期がんの場合には内視鏡治療、手術ができない患者さんには苦痛を和らげる緩和治療を行います。外科手術が必要な患者さんは速やかに消化器外科へ紹介します。
  • ・当院では最新機器によるすべての内視鏡検査が可能です。また、内視鏡検査は希望があれば、静脈麻酔をして楽に受けることも可能です。
  • ・エコー・CT・MRIなど放射線診断装置も最新機器を導入し、精度の高い診断を行うことができます。