長野市民病院

ページのトップへ

肝臓・胆のう・膵臓外科Hepato-Biliary-Pancreatic surgery

肝臓・胆のう・膵臓外科について

肝胆膵領域の豊富な手術症例 ー質の高い術後管理を行うチーム体制、合併症に対応する他科との連携を整備

肝臓、胆のう、胆管、膵臓などの疾患、主にがん(悪性腫瘍)に対する外科治療を扱う診療科です。
当科は、多くの場合、消化器内科もしくは近隣の医療機関で検査が行われ、手術を目的として紹介で来られます。治療方針については、エビデンス(根拠)に基づいてカンファランスで決定し、関連する診療科と連絡を取り合いより良い治療を提供できる体制を整えています。

2019年2月1日
肝臓・胆のう・膵臓外科部長 関 仁誌