長野市民病院

ページのトップへ

医療関係者向け―腎臓内科Kidney_Internal_Medicine

キーワード

  • ・日本腎臓学会専門医制度研修施設
  • ・日本透析医学会教育関連施設
  • ・日本アフェレシス学会認定施設
  • ・日本急性血液浄化学会認定指定施設
  • ・慢性腎臓病
  • ・急性腎障害
  • ・血液透析・腹膜透析

特徴・特色

  • ・検尿異常に対する精密検査から末期腎不全に対する血液浄化療法まで、腎臓病の総合的な診療をめざしています。医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、臨床工学技士、医療ソーシャルワーカーらの医療チームにより、患者さんにより安心感のある医療の提供ができるように心掛けています。2011年4月より常勤医2名体制で診療を行っており、透析室(第1外来)には透析看護認定看護師1名が従事しています。
  • ・17台と血液透析装置が少ない事もあり、安定した血液透析患者さんは住所などを考慮しながら通いやすい他院に紹介させて頂き、合併症を抱えて入院加療が必要な患者さんには継続して適切な透析治療を提供できるように心掛けています。

当科の得意とするところ

  • ・腎臓病の初期症状である検尿異常を呈する患者さんの精密検査から、腎不全期の保存的加療、末期腎不全に対する透析(血液透析、腹膜透析)治療に至るまで、腎臓病のトータルケアを行っています。
  • ・慢性透析療法(血液透析、腹膜透析)とそれに関連した内シャント増設術、経皮的内シャント血管形成術、また急性血液浄化療法としてエンドトキシン吸着、持続血液濾過透析などにも対応しています。アフェレシス療法(血漿交換療法(単純血漿交換、二重膜濾過血漿交換)、免疫吸着療法、白血球除去療法など)にも幅広く対応し各種疾患に必要な治療体制を確立しています。

主な対象疾患名

  • ・慢性糸球体腎炎
  • ・ネフローゼ症候群
  • ・慢性腎臓病
  • ・急性腎障害
  • ・血液浄化療法(慢性透析療法および急性血液浄化療法)
  • ・各種アフェレシス療法

他多数の疾患