長野市民病院

ページのトップへ

整形外科Orthopaedic surgery

整形外科について

整形疾患の手術後は、早期離床と早期リハビリテーションで社会復帰を後押し

骨折等の救急疾患、脊椎脊髄疾患、股膝関節症、関節リウマチなどの外科的治療を行う診療科です。
指先から脊椎までほぼ全ての整形疾患に対応可能で、手根管症候群や腰椎椎間板ヘルニアなどには比較的傷が小さく、患者さんへの負担が少ない鏡視下手術も行っています。また、早期社会復帰と合併症予防のためにも、術後の早期離床と早期リハビリテーションを推奨しています。

2019年2月1日
整形外科部長 松田 智