長野市民病院

ページのトップへ

主な疾患と診療内容―放射線治療科Radiation oncology

主な疾患と診療内容

頭のてっぺんから足の先まで、全身の臓器から発生した悪性腫瘍ならびに転移性腫瘍を、種々の放射線を用いて治療しています。がんを切らずに治す根治的放射線治療から、症状の改善や疼痛軽減目的の緩和的治療まで行っています。
またケロイド防止やバセドウ病の眼症状などの良性病変も、治療対象になることがあります。

主にこのような方を診ています

  • 脳腫瘍
  • 頭頸部腫瘍
  • 肺・縦隔腫瘍
  • 消化器腫瘍
  • 乳腺腫瘍
  • 泌尿器腫瘍
  • 生殖器腫瘍
  • 皮膚がん
  • 骨・軟部腫瘍
  • 血液腫瘍
  • 転移性腫瘍

放射線治療単独、手術と併用した術前・術後の放射線治療、化学療法剤と併用した化学放射線療法を行っています。
放射線治療の方法は、ライナックと呼ばれる治療装置を用い、体外から身体の一部に放射線を当てる外部照射、放射線を出す小さな線源を直接体内に刺入する組織内照射、アプリケータという器具を腔内に挿入して、そこに小線源を送り込んで治療する腔内照射、そして放射線医薬品を服用ないしは静脈に注射して、ある特定の臓器に集積させ、そこの部位だけの放射線治療を行う内用療法があります。