長野市民病院

ページのトップへ

呼吸器外科Chest surgery

呼吸器外科について

胸腔鏡下手術を積極的に実施するなど、肺がん患者の早期回復・退院に尽力

原発性肺がんを中心に呼吸器疾患の外科的治療を取り扱う診療科です。
当科は、多くの場合、呼吸器内科もしくは近隣の医療機関で検査が行われ、手術を目的として紹介で来られます。中でも肺がんの手術では、従来の開胸手術に比べ患者さんへのダメージが小さい胸腔鏡下手術(胸腔内にカメラなどの手術器具を入れ、カメラで病巣を観察しながら切除する)を多く取り入れ、患者さんの早期回復・早期退院に力を入れています。

2019年2月1日
呼吸器外科部長 西村 秀紀