長野市民病院

ページのトップへ

主な疾患と診療内容―リウマチ科Rheumatology

主な疾患と診療内容

関節リウマチに関する薬物療法、外科的治療をしています。

主にこのような方を診ています

  • 手のこわばり
  • 関節の腫れ
  • 関節の痛み
  • 関節の変形

関節リウマチとは、まず関節が腫れます。
腫れた状態が長く続くと軟骨が破壊されて関節変形をきたす病気です。
関節の変形は急速に進むため、最近は早期診断、早期治療が重要視されています。
超音波をはじめとした画像診断を取り入れて早期発見、早期診断し、関節破壊の抑制をめざしています。
既に関節が破壊され、関節機能障害のために手術が必要な患者さんには手術を検討します。
手術には人工関節置換術、関節形成術、腱形成術などがあります。
手術の内容は関節の部位や変形の程度によって異なりますのでタイミングの見極めが重要です。