長野市民病院

ページのトップへ

心臓血管センター

心房細胞を含む不整脈に対する 01 アブレーション治療

心房細動とは?

心臓は、収縮と拡張を繰り返すことで血液を全身へ送るポンプの役割をしていますが、この動きは「洞結節(どうけっせつ)」と呼ばれる特殊な心筋細胞から規則正しく電気刺激が発せられることによって生じています。
心房細動とは不整脈の一種で、異常な電気刺激が洞結節以外から発生し、これによって心房(心臓の上部にある部屋)が無秩序に興奮する状態です。
結果として心房内で血液がよどみ、血栓(血液のかたまり)ができやすくなってしまいます。
この血栓が血流にのって脳へ運ばれると、脳梗塞を引き起こし危険な状態となります。

 
心房細動の説明の図  
    

心房細動を引き起こす異常な電気刺激は、肺から左心房へ血液を送る肺静脈から生じることがわかっています。
カテーテルアブレーションはカテーテルを使って左心房内で肺静脈を取り囲むように小さなやけどを作り(焼灼)、異常な電気刺激が心房に伝わらないようにブロックする治療です。
焼灼が不十分だと、きちんと電気的に遮断されず心房細動が再発してしまう恐れがありますので、焼灼には慎重性が求められます。
また、心房細動が長年続くことで心臓に負担がかかり、左心房が拡大してしまうことがあります。
そうなると、その大きさに合わせて焼灼するポイントが多くなってしまうので治療が長時間に及び、患者さんにも負担がかかってしまいます。
さらに、アブレーション治療は心房細動の早期の段階ほど治療成績が良いという研究結果が報告されており、1回の治療で根治する可能性も高くなります。
そうした意味でも早期発見・早期治療が重要となります。

治療法について

1 カテーテルを血管内に挿入し、心臓まで到達させる

 
心房細動の治療法 1 カテーテルを血管内に挿入し、心臓まで到達させるの図  
    
  • 1. まず、両足の付け根と右頸部の計3カ所に局所麻酔を施します。
  • 2. 右足の付け根からは焼灼するためのアブレーションカテーテルと検査用電極カテーテル、左足の付け根からは心臓内の様子を見る超音波カテーテル、右頸静脈からは検査用電極カテーテルを挿入し、血管内を通してそれぞれ心臓まで到達させます。

2 カテーテルを左心房室まで到達させる

 
心房細動の治療法 2 カテーテルを左心房室まで到達させるの図  
  • ・左心房までカテーテルを通すために、心房中隔に小さな穴を開けカテーテルを留置します。

3 肺静脈のまわりをアブレーションカテーテルで焼灼する

 
心房細動の治療法 3 肺静脈のまわりをアブレーションカテーテルで焼灼するの図  

左心房内の肺静脈とつながっている部分を点で取り囲むようにアブレーションカテーテルで焼灼していきます。
大体1カ所につき約30秒間焼灼します。
これを左肺静脈と右肺静脈の左右2カ所行います。

4 異常電流回路が遮断されていることを確認

最後に電極カテーテルから電気刺激を与えて、焼灼した部位で電気伝導が遮断されていることを確認し、カテーテルを回収して完了です。