長野市民病院

ページのトップへ

薬剤部Pharmacy

薬剤部について

「くすりのプロ」として院内各部署と連携する
おくすり窓口

薬剤部では、入院患者さんや外来患者さんに有効で安全な薬物療法を提供するため、下記の理念、基本方針のもと日々業務を行っています。
有効で安全な薬物療法を行うためには患者さんの正しい理解が欠かせないものとなりますので、お薬について疑問や不安に思うことがございましたらお気軽にご相談ください。

理念

長野市民病院の理念に基づき、薬剤師ひとりひとりが“くすりのプロである”という自覚を持ち、医師、看護師および院内各部署と連携をとりながらチーム医療として医療に貢献する。

基本方針

  1. 1. 有効で安全な薬物療法を提供するために、薬剤投与の基本“5R+1F”を実践する
    • Right Drug (正しい薬)
    • Right Patient (正しい患者)
    • Right Time (正しい時間)
    • Right Route (正しい経路)
    • Right Amount (正しい投与量)
    • Follow Up (モニタリング)
  2. 2. 新しい知識、技能の習得に貪欲に取り組む
  3. 3. 薬剤師の職能を生かし、チーム医療に基づいた適切な薬物療法に貢献する

目標

安全キャビネットでの抗がん剤調整
  1. ・治験を推進する
  2. ・チーム医療の一員として、がん化学療法や緩和医療に貢献する
  3. ・服薬指導業務の充実を図る
  4. ・DI業務(医薬品情報管理業務)の充実を図る
  5. ・抗菌薬(抗生物質等)の適正使用に貢献する
  6. ・各種学会・研究会への積極的な参加・発表を行う