長野市民病院

ページのトップへ

形成外科Plastic surgery

  

形成外科について

体表の先天異常による変形をなるべく正常に近い状態へ修復。乳房再建にも注力

骨先天異常や外傷・腫瘍などによる変形や、機能障害をなるべく正常に近い状態へと修復するための外科治療を扱う診療科です。
アザやヤケドなどの治療をはじめ、皮膚や皮下の腫瘍の摘出、顔やあごの骨の変形や、口唇裂などの生まれつきの異常に対する手術を行い、なるべく傷が残らないよう、丁寧な縫合に留意して正常に近い状態へ修復していきます。また、乳がんで失った乳房を手術で作り直す、乳房再建手術にも希望に応じて取り組んでいます。

2019年2月1日
形成外科部長 滝 建志